特集記事

リン酸鉄リチウムオンバッテリーの寿命に影響する要因は?

リン酸鉄リチウムオンバッテリーの寿命に影響する要因は?

キャンピングカー、モーターホームなどでリン酸鉄リチウムオンバッテリーバッテリーの普及が進み、その寿命はキャンピングカーにとって大きな関心事になっています。リン酸鉄リチウムオンバッテリー バッテリーは、キャンピングカーのサブバッテリーとして、充電、蓄電から放電まで、電力システム全体において重要な役割を担っています。 そのため、これらのバッテリーをより長持ちさせることは、より良い体験のための優先事項になっています。 では、リチウム鉄電池の寿命に影響を与える要因は何でしょうか? 詳しく見ていきましょう。

 

リチウム電池の寿命に影響する要因について

1. 温度

リチウムオンバッテリー電池の寿命は温度の影響を受け、55℃以上の高温では急速に故障がなってしまい一方、-10℃以下では電池容量が激減します。Redodoのリチウムオンバッテリー電池の寿命は温度の影響を受け、55℃以上の高温では急速に故障がなってしまい、-10℃以下では電池容量が激減します。

2. 充放電の方法

使用する充放電方法は、リン酸鉄リチウムオンバッテリーの寿命に大きく影響します。 過充電や過少充電は、電池に永久的な損傷を与え、電池の寿命を縮める可能性があります。 また、頻繁に深い放電を行うと、バッテリーにダメージを与え、寿命を縮める可能性があります。 そのため、過充電や過少充電を避けるために、バッテリーに正しい電圧と電流を供給する相性が良い充電器を使用することが重要である。 Redodoのリン酸鉄リチウムオンバッテリー充電器は、リン酸鉄バッテリー用に特別に開発されており、過充電、過放電、過電流や短絡保護など、複数の保護機能を備えています。 

https://jp.redodopower.com/products/redodo-12v-200ah-battary

3. 保存条件

リン酸鉄リチウムオンバッテリーはその性質上、長期間使用しない場合、自己放電が発生します。Redodoでは、バッテリーを長持ちさせるために、50%の充電レベルで保管し、3ヶ月に1度充電することを推奨しています。 また、キャンピングカーに使用されるリン酸鉄リチウム電池は、通常、複数のバッテリーを直列・並列に接続したパックであるため、各バッテリー容量が同じにすることが重要です。これもバッテリー全体の寿命に影響する重要な要素です。

バッテリーセットの相性が悪いのは、通常、電圧、容量、電気抵抗の違いによって引き起こされます。直列に接続した場合、バッテリーセットの寿命は、最も寿命の短い個々のバッテリーによって制限されます。(「バレルの原理」として知られています)最も寿命の短いバッテリーは、通常、容量が最も小さく、頻繁に充電と放電を繰り返すため、壊れた可能性が高いです。単個のバッテリーが寿命を迎えると、バッテリーセットも寿命を迎えます。

4.サイクルライフ

サイクル寿命とは、電池がエネルギーや効率を失うまでに繰り返せる充放電の回数のことです。充電と放電を繰り返すと、電池は劣化し、時間の経過とともに性能と全体的な容量が低下します。 したがって、どのような用途でも、電池を選択する際には、電池の予想サイクル寿命を考慮することが重要です。 また、過充電や過放電を避け、相性の良いの充電器を使用し、適度なDODレベルを維持するなど、適切なメンテナンスを行うことで、電池のサイクル寿命を延ばし、全体的な寿命を向上させることができます。 この問題に対処するため、RedodoはBMSに自動バランシング技術を開発し、直列に接続された複数のバッテリーの容量を最大化し、バッテリー寿命を延ばしました。同社のバッテリーは、100%DODで4,000回以上、60%DODで最大15,000回のライフサイクルを実現し、約10年間の日常使用を可能にしています。

リン酸鉄リチウムオンバッテリーの長寿命化を実現する方法

以上のことをまとめると、リン酸鉄リチウムオンバッテリー電池を長持ちさせるためのメンテナンスのコツがわかります:
  •  充電レベル50%で保管し、3ヶ月に少なくとも一度は充電してください。
  • バッテリーを極端な高温にさらさないようにしてください。
  • バッテリーに適した電圧と電流を供給する相性の良いの充電器を使用する。
  • 適度な放電深度(DoD)レベルを維持する。
  • 高品質のバッテリーセルを選択し、バッテリーセットを形成する際にその一貫性を考慮する。
  • 過充電や深い放電を避けるなど、電池を適切に維持・管理する。

  これらのヒントに従うことで、リン酸鉄リチウム電池の寿命を延ばし、全体的な性能を向上させることができます。

まとめ

リン酸鉄リチウムオンバッテリーがキャンピングカーでますます普及する中、購入者はその寿命に影響を与える要因について知っておく必要があります。 温度、充放電方法、保管条件、バッテリーセル、サイクル寿命が、これらのバッテリーの寿命を決定する主な要因です。 充電レベル50%での保管、相性のある充電器の使用、適度な放電深度(DOD)レベルの維持、一貫した仕様の高品質バッテリーの選択など、適切なメンテナンス技術に従うことで、リン酸鉄リチウムオンバッテリーバッテリーのパフォーマンスと寿命を向上させることができます。また、Redodoのような信頼性の高いブランドを選ぶことで、マルチステージ保護や自動バランシング技術などの高度な技術を提供し、LiFePO4バッテリーのサイクル寿命を最大限に延ばすことができます。 これらのポイントを押さえておけば、車中泊中も安全で効率的な電力貯蔵を楽しむことができます。

  • 広本幸治
    Apr 20, 2024 同時に 15:56

    100Wソーラーパネルとオールパワーのチャージコントローラを使用して12.8V100ahを充電しているとチャージコントローラの電圧が14.4V設定なのに、設定値を越える表示になります

    他のリン酸鉄バッテリーを繋ぐと14.4V 0Aで動かないです。

    返信

コメント